仮想通貨

おすすめの海外仮想通貨取引所

おすすめ取引所比較

海外取引所は取引所によって取り扱っている銘柄の差やサービスの差が顕著なのでなるべく多くの取引所と比較しました。
また手数料は顧客の預けている資産や取引所が定めた仮想通貨によって、変動する制度を取り入れている取引所が多いので、より詳しい手数料を知りたい方は公式サイトの確認をお願いします。

Bybit Mexc Gate.io kucoin Bitget
取り扱い銘柄数 300以上 3000以上 1500以上 700 500以上
現物手数料 Maker:0.1000%
Taker:0.1000%
(VIP割)
Maker:0.000%
Taker:0.000%
Maker:0.2% Taker:0.2%
(VIP/GT割引)
0.1%/0.1%
(VIP/KCS割引)
Maker0.1%
Taker0.1%
(BGB割引)
入金手数料(仮想通貨) 無料 無料 無料 無料 無料
仮想通貨の
送金手数料
銘柄による 銘柄による 銘柄による 銘柄による 銘柄による
その他サービス レンディング・ステーキング・取引Bot MX保有特典・ステーキング レンディング・ステーキング・積み立て レンディング・ステーキング・積み立て ローンチパッド・ステーキング
評価
公式サイト

Bybit

日本人の利用者が多く、初心者向け

日本人利用者が多く、サポート体制も万全なので初心者におすすめです。
日本人向けのイベントが多く、ステーキングなどの基本的なサービスも整っています。
他の取引所にはない「Bybit Wallet」1やAIによる「取引Bot」などが特徴です。

MEXC

手数料が安い!

手数料が安く、銘柄が豊富です。
先物も安いので暗号資産FXを考えている人にもおすすめ。
ガバナンストークンであるMXを持っていると、ローンチパッドに参加できたり、コインの山分けイベントに参加できる。

Gate.io

流行に敏感な取引所!

中国の取引所。
中国ということで避けられがちだが、取扱銘柄が豊富です。
また今年盛り上がったBRC20にいち早く対応するなど、流行に敏感な取引所です。

Bitget

新興取引所でボーナスやイベントが豊富!

新興取引所のBitgetは日本市場に広告を出したいるので、日本人利用者が多いです。
近年できたばかりの取引所なので、ボーナスやイベントが豊富です。

海外取引所をうまく利用するコツ

預金は必要なだけにしておく

海外の取引所は頻繁にFUD(悪い噂)が流れます。
ただのうわさなときもありますが、実は本当でそのまま取引所が潰れたり、入出金が一時停止したりしたことがあります。
必要な額だけ入れておくこと、怪しいニュースが流れたらすぐに資金を逃がすようにしてください。

複数の取引所を開設すること

取引所が使えなる可能性も…

取引所が潰れてしまった時やルールの改定で日本人が使えなくなった場合のために、事前に別の取引所を開設しておくのがおすすめです。
また口座開設の審査には結構時間がかかるので、すぐに取引できないからです。

収益機会が多い

海外は日本の取引所と違い、上場が厳しくないので定期的にイベントが起きます。
今年でいうとBRC20にいち早く対応したGate.ioや
Bitgetのローンチパッドはどれも価格が上がっていました。
このように収益機会も取引所の数だけ増えるのでおすすめです。

  1. DAppsにアクセスしやすくするためのBybitが用意したWalletのこと。