トレード

トレードの時間軸スキャピング・デイトレ・スイングはどう選べば良い?

トレードの時間軸について

スキャルピングとは、数秒や数分単位で売買すること。
デイトレードはその日のうちに決済すること。
スイングトレードは数日~数年単位のポジションのことです。
自分のライフサイクルに合わせるのもありです。

仕事上長くチャート見れないとかね

当たり前ですが、スキャピング・デイトレ・スイングの適正は人次第です。
少額で自分が向いているか試すのが一番手っ取り早いです。
合わないと思ったら一切やらないというのもありです。
僕は苦手なスキャルピングはしないようにしています。

スイングトレード

背が明確であること。初心者でもわかりやすい。
チャンスが少ないので、一回のトレードに集中できる。
試行回数が少ないがゆえにそのトレードが本当に勝てるやり方(まぐれ)なのかがわからない。
ファンダによる大きな値動きに巻き込まれる可能性がある。
また大きい値幅を取りに行くのでロットは抑えることが大事になる。

デイトレード

スキャルピングとスイングの間みたいなイメージですね。
ポジションを持ち越さないのでストレスにならないことや突然のファンダによる損失が発生しない。

スキャルピング

短期間なので試行回数が増え、確率が収束していくところや効率の良さなどがあります。
ただどれもチャンスのように見えてポジポジしたくなったり、
スキャルピングのつもりでエントリーしたのに別の時間軸(デイトレ、スイング)に変えてしまいがちだからです。
利確はスキャルピング(小さい値幅)で損切りはスイング(大きな値幅)になってしまうのです。損大利小になりがちなのです。
またロットの配分や資金管理がうまくいかないうちは、むやみにやたらにトレードすると無限入金になりがちです。

まとめ

まとめ

スキャピング・デイトレ・スイングの適正は人次第です。
少額で何度も試して適性や勝ち方を固める
苦手な時間軸には手を出さない