トレード

短期ハイレバの資金管理 資金管理が絶望な人向け

1.トレードは資金管理が絶対
持論ですが、資金管理6割、テクニカル1割、金融やトレードの知識や経験則(エッジなども含む)3割だと思っています。
テクニカルが一割なのは意外かもしれません。
テクニカルは重要ですが、人によって使う手法が違うのに大体みんな同じところを重要視してることが多いからです。つまり周りと差をつけれれないからです。
仮に8割勝てる手法でも全額かけて負けの二割を引いたら終わりです。
つぎに金融の知識はほんとに基礎の物はエッジにはなりません。
ただトレードならではの知識は強みになる。
BTCでいうとOI,FR,ETF FLOW,取引所間の特徴などは判断の材料の一つになりうりますし、今でこそ割とメジャーですが、まだ知らない人も多くエッジだと思います。
もちろん人によっては重要視するものは違います。
こういう考え方の人もいるんだなぁぐらいでお付き合いくださると幸いです。

2.ロスカットはするもの&複利で増やそうとするな
僕の過去の考察や戦略の記事には、ロスカットや損切も書くようにしています。
未熟なんで寝落ちや感情トレードもしてしまいますし、普通に目線も間違います。
ただ資金管理をしっかりしているので、年間負けたことはないです。

なぜトレードで勝てないのか、それは複利で増やそうとし、一切出金をしないことが原因です。
特に少額ハイレバは難しいです。ロスカットを一度もせずに増やすのは不可能です。

3.出金or資金振替!
ロスカットはするものだと説明しました。
出金する際どうすればより戦えるのか。
まずは原資確保をする癖をつけるのをおすすめします

例えば5万入金して12万もうけた。
5万出金して負けは無くす。
もしくは多めに7万出金してもう一度5万から始めるよう徹底しましょう。

原資確保もしたし、ある程度柔軟に戦えるようになった方には資金振替を進めます。
資金振替とは別口座にお金を振り返ることです。
資金振替のメリットは柔軟にお金を振り分けることができることです。
他口座に振り込むことで即座にトレードにお金を回せる。
出金手数料を抑えるためにもある程度ためる。
一旦冷静になるにはすごく適している。

例えば


上の口座は資金160万あります。
入金は40万近くしたので、40万は原資確保として出金。
そして、万が一利益を大きく無くしても、再開するためやチャンスに大きく張るために別の口座に44万資金を預けておきました。
こうすることで暴落や大きな損失がおきても、即座かつ冷静にトレードできますし、メンタルによく、思い切った勝負ができます。

2/29 BTC の動きを見てみましょう

coinbase(取引所)が止まりました。
FUDが出て結局上昇
この時僕のポジションもロスカットしました。資金振替で別の口座の金を持ってき、FUDと確認後トレードすることで、損失を抑えました。
FUD確認、入金だと10-30分はかかります。

4.不利ポジを消していく&段階的な利確
エントリーポイントが二段階ぐらいの候補がある場合、僕は段階的にエントリーします。
その際一瞬不利なポジションが救われるぐらい戻ってきたら微益で撤退しています。
人間の損したくない心理で一度救われたら、都合の良いことばかり考えてしまいます。

5.IBを使え
不利ポジや微益撤退をしろといったものの、後で悔しい思いをしがちです。
ただ撤退したおかげで助かることも…
IBを使うことで、トレードごとにお金が返ってくるので僕はこれのおかげで精神的に損切や撤退ができます