トレード

投資初心者のための株・FX・仮想通貨ガイド!選択のポイント解説

近年投資が急速に広まっており、株・FX・仮想通貨などの選択肢に悩む初心者の方も多いことと思います。
投資の世界では基礎的な理解が不可欠です。

この記事では、初心者の方々に向けて、株・FX・仮想通貨の特徴や魅力、リスクに関する詳細な解説を行います。
投資の第一歩を踏み出す際に基本情報をしっかりと把握し、安心して一歩を踏み出しましょう。

株の特徴とリスク

株とは

株式会社が資金を調達するために発行する株券のことを指します。
株券を購入し株主となることで、企業の経営に参画することができる為、企業の所有者の一員となります。
また、株主には購入価格と売却価格の差による収益、株式を保有することで配当金が分配されたりします。

特徴

株はリスクコントロールがしやすいです。
積み立てNISAは無課税で時間軸の分散ができているので守りの投資に近いでしょう。
それに対して個別株は日経500やSP500などの長期的に成長が見込める銘柄からグロース株・材料株・仕手株といったリスクの高い銘柄と幅広く存在します。
つまり個人のリスク許容度によってポートフォリオを自由に変えれるのが強みだと思います。

FXの特徴とリスク

FX(外国為替証拠金取引)とは

通貨ペアと呼ばれる2つの異なる通貨(ドル/円など)の価値を比較し、それらを取引することです。

特徴

FXはレバレッジをかけて取引をするのが基本なので、投機と考えています。
ただし日本円を持つリスクが高いと考えるなら、外貨預金を利用することで、資産を守る手段として考えることができます。

仮想通貨投資の特徴とリスク

仮想通貨(または暗号通貨)とは

仮想通貨は中央銀行や政府による管理を受けない分散型のデジタル通貨であり、ブロックチェーン技術という分散型台帳技術を基盤としています。

特徴

まだ市場が整っておらずハッキング・インサイダー取引が行われることが多々あり、
高いリスクのある投資選択になります。
オンチェーンから売買の状況がわかったり、アービトラージがしやすいのは仮想通貨の強みだと思います。
またNFT・エアドロップ・ステーキングなど単純な通貨の売買以外で稼ぐ方法が存在します。

選ぶ際のポイント

攻めと守りのバランス

個別株・仮想通貨・FXは高いリターンをもたらす反面、損失も大きくなる可能性が高いため、慎重なリスク管理が必要です。
一方で、日本円の価値が不安定だと感じる場合、外貨預金は資産を守る手段として考えることができます。
これは、資産の価値を維持し、安定性を追求することを重視した守りの投資といえます。
攻めの投資ばかりに偏るのではなく、守りの投資を取り入れることで資産を大きく減らさないだけでなく、メンタルが安定します。

リスクの許容度

個人の性格・属性によって選ぶのも大事です。

もしあなたが50代で子供がいるなら、学費や生活費のことも考えなければなりません。

このような方と独身の方ではリスクに対する考えが変わってくるでしょう。
生活のお金を確保しておき、自分に合ったリスク管理が重要になります。